新型コロナウイルス関連

日本でコロナワクチンの接種開始はいつから?いくら?優先される人は?強制ってホント?

2020年は、コロナウイルスの世界的な感染拡大で大変な1年になりました。

イギリスやアメリカでは、先立ってワクチンの接種が始まり、
わずかながら希望の光が見える新年のスタートとなりました。

しかし、日本国内でも各地で過去最大の感染者数を更新するなど
さらに気を引き締めて行動しなければならない1年になりそうです。

それでは本題の
「日本でコロナワクチンの接種開始はいつから?いくら?
優先される人は?強制ってホント?」についてお伝えしていきます。

※記事は厚生労働省のHPを参考にまとめています。

 

コロナワクチンの種類ってあるの?開発社別ワクチンの種類を解説!日本では、2021年春から予定されているコロナワクチンの接種。 ここでは、そのワクチンの種類や特徴などをまとめました。 <ワクチンに...

 

日本でコロナワクチンの接種開始はいつから?いくら?優先される人は?強制ってホント?

日本でコロナワクチンの接種開始はいつから?

予定:2021年2月下旬~順次
※詳細は下記に記載しています。

日本でコロナワクチンの接種が優先される人は?
接種できない人は?

優先される人

ワクチンの供給量の都合で、
コロナにかかりやすい人が優先して接種できるようになります。

●医療従事者(2月17日~)
●高齢者<令和3年度中に65歳以上>(3月下旬~)
●基礎疾患がある人(4月下旬~)
・心臓病や腎臓病
・呼吸器の疾患
・がんなど免疫機能が低下する病気
・睡眠時無呼吸症候群など

※基礎疾患の詳細の項目はコチラ(厚生労働省PDF)

●高齢者施設などの職員
●肥満の人(BMI30以上の人)

上記に該当しない国民(5月以降)

※「新型コロナウイルス感染症に係るワクチンの接種について(案)」12/23提示より

さらに妊婦さんについては検討中だそう。

詳しい見解は下記の記事にまとめています。

 

コロナワクチンは妊婦(妊娠中)・不妊治療の人は接種できる?いつから?新型コロナウイルスのワクチン接種の担当大臣が河野太郎氏に決定し、 ファイザー社のワクチンの供給契約合意など、いよいよ日本でのコロナワク...

 

 

接種できない人

●16歳以上
16歳未満の治験が済んでない模様です。

日本でコロナワクチンの接種はいくらかかる?

予防接種法改正案が2020年12月2日に成立しました。

これは、新型コロナウイルスワクチンの接種を無料とするため。

さらに、アナヒラキシーなどの健康被害の通院費用や
ワクチンを製造・販売した製薬会社に生じてしまった
損害賠償についても国が全額負担します。

※<予防接種健康被害救済制度>があります。

日本でコロナワクチンの接種は強制なの?

SNSなどで、コロナウイルスのワクチンは【強制】になるとのデマが流れました。

コロナワクチンもインフルエンザワクチンなどと同様で、
接種時に同意書を提出のうえ接種することになります。

自ら同意書を提出しなければ、ワクチン接種はできません
さらに持病や体調面との関係もあるので、決して強制にはなりません

 

※記事は厚生労働省のHPを参考にまとめています。

 

まとめ

●医療従事者や基礎疾患、高齢者以外のワクチン接種は5月以降

●ワクチン接種できるのは16歳以上

●ワクチン接種は強制ではない

 

新橋駅前【新型コロナPCR検査センター】の予約方法、検査方法は?いくらで検査できるの?こんにちは、ハナです。 今日は、新橋駅前に開業した「新型コロナPCR検査センター」の利用方法についてまとめました。 ※ここでは個人検...