ホーム

【寄付先で選ぶ】洋服(古着)を寄付できるサービス選・無料あり・ノンブランドOK

おうち時間の増加で、捨てられる服が増えています。
「どうせ捨てるなら誰かの役に立ってほしい!」「まだ着られそうな服…もったいなくて捨てられない」そんな方におすすめなのが、洋服の寄付です。

この記事でわかること

〇洋服を寄付したいけど、どこにすればいいかわからない
〇洋服を誰かのために役立てたい
〇気軽に寄付をしたい
〇洋服を断捨離してスッキリしたい

今回は、寄付先別にご紹介していきます。
それでは「【寄付先で選ぶ】洋服を寄付できるサービス選・無料あり」についてお伝えしていきます。

【寄付先で選ぶ】洋服を寄付できるサービス選・無料あり

<海外>貧しい地域へ寄付する

古着deワクチン

価格:3,300円(税込)※寄付金・海外輸送費・送料等含む
寄付方法:申し込み後、届いた紙袋に古着を入れて返送
容量:1件につき25kgほどまで(Tシャツ100枚分)

古着は、主に開発途上国に送られ、現地で仕分け・販売されることにより、現地の雇用にも繋がります。さらに、1件につき5人分のポリオワクチンも同時に寄付されます。
※一部国内の障がい者施設などで仕分けなどの雇用にも貢献。

筆者も利用しました。詳細は下記の記事にまとめています。

2021【古着deワクチン】は怪しいの?利用してみた!料金やもらえるクーポンもこんにちは、ハナです! 『古着deワクチン』は、今回で2回目の利用。 より多くの方に知ってもらいたいと思い、レビューを書くことにしま...

 

ワールドギフト

価格:2,900円(税込)~※梱包サイズにより変動 ※寄付金・海外輸送費・送料等含む
寄付方法:段ボールのサイズを測り、申込み、発送。
容量:1件につき30kgほどまで

開発途上国の食や教育などを支援する「NPO法人ワールドギフト」が運営するサービス。主に買う発途途上国に寄付されます。

>>ワールドギフト公式ページはコチラ

 

洋服ポスト

価格:送料負担
寄付方法:段ボールなどで発送・イベント等を各地で開催(直接持ち込み可)

古着は全てマレーシア送られ、現地で仕分けされます。そこから、開発途上国を中心に送られるほか、使えない古着はリサイクルされます。
さらに、古着1kgにつき7円をハタチ基金日本財団子ども第三の居場所に寄付されます。

>>洋服ポストの公式ページはコチラ

 

<国内>養護・福祉施設に寄付する

準備中

 

<国内>ホームレスに寄付する

各地域のホームレス支援団体で多く寄付を募っています。下記の他にも「お住まいの地域+ホームレス+寄付}などで検索すると近くの活動団体がでてきますので、参考にしてみてください。

特定非営利活動法人 TENOHASI

価格:送料負担
寄付方法:段ボールなどで発送・直接持ち込み可

池袋でホームレスの衣食住を支援する「TENOHASHI(てのはし)」。男性物の洋服や衛生用品などを主に募集しています。

>>特定非営利活動法人 TENOHASIの公式ページはコチラ