生活・お役立ち情報

玄関ドア用補助鍵(錠)|後付け・穴あけ不要のおすすめは?賃貸でもOK・子供に安心

2歳児が勝手口のドアを自分で開けて、行方不明になった事件。

小さい子供を持つ親は、同じような危険な場面に遭遇した経験があるのではないでしょうか。ワンオペの中小さい子供から目を離さずにいるのは、とても大変なことです。

同じようなことを繰り替えさないためにも事前に対策をすることがとても重要です。
今回は賃貸でも簡単に取り付けられる玄関ドア用補助鍵(錠)をまとめました。

それでは「玄関ドア用補助鍵(錠)|後付け・穴あけ不要のおすすめは?賃貸でもOK・子供に安心」についてお伝えしていきます。

玄関ドア用補助鍵(錠)|後付け・穴あけ不要のおすすめは?賃貸でもOK・子供に安心

後付できる玄関ドア用補助鍵(錠)のタイプは2つあります。

①ドアと壁をつなぐタイプ
②ドアの取っ手にロックをかけるタイプ

子どもの身長や成長具合、または自宅のドアの形状によって選ぶと良いでしょう。
①のドアと壁をつなぐタイプは、子どもの手の届かない高い位置に付けるのがポイントです。

①ドアと壁をつなぐタイプ

出典:yahoo!ショッピング

 

玄関ドアはもちろん引き戸や家具の扉など様々な扉に取り付けOK
付属の粘着テープで取り付けができ、賃貸でも穴を開けることなく使えます。
※粘着テープが強い場合があり、ドアの素材によっては傷をつける場合があります。ご注意ください。
子どものいたずら防止には、手の届かない上部に設置することをおすすめします。
カラーはホワイトとブラックがあります。






②ドアの取っ手にロックをかけるタイプ

出典:yahoo!ショッピング

 

ドアの取っ手の部分をロックできるタイプです。
棒状の取っ手であれば、様々なドアに使用可能です。
粘着テープでの取り付けが可能で、穴を開けずに済むので賃貸でも安心です。
※粘着テープが強い場合があり、ドアの素材によっては傷をつける場合があります。ご注意ください。