その他

フェムテックとは?最新の生理用に注目!商品通販サイトも

国連の持続可能な開発目標 (SDGs)や「#Metoo」の運動をはじめ
世界中で女性の自立を目指す声が高まっています。

その動きの影響なのか昨年くらいから日本でも耳にするようになった「フェムテック」という言葉。
今回は、その「フェムテック」について、
さらにはその動きから注目されている最新の生理用品についてまとめてみました。

それでは「フェムテックとは?最新の生理用に注目!商品通販サイトも」についてお伝えしていきます。

フェムテックとは?最新の生理用に注目!商品通販サイトも

「フェムテック」とは?

ファムテックとは、「女性(Female)」と「技術(Technology)」を合わせた造語です。
女性ならではの生理や妊娠、更年期などの特有の悩みを科学の力で解決するサービスや商品のことです。

ファムテックの2019年の世界市場は8億2060万米ドルといわれ、2030年までにさらに12.65%成長すると言われています。
※参考:株式会社グローバルインフォメーション

タブー視されていた生理への理解が広がる動き

これまで「生理」は、なんとなく人に話にくいそんな印象がありました。

そんな中、生理を取り上げたとして話題になったのが、
2020年8月にはテレビ東京で「生理CAMP2020」。

さらに、2021年2月には日テレ系「スッキリ!」で「2DAYS 生理について考える」などが放送され、社会全体で生理を理解しようという動きも広まりつつあります。

最新の生理用に注目!商品通販サイトも

フェムテックの中でも、特に注目されている生理用品。
今回は最新の生理用品をまとめました。

GU:トリプルガードショーツ

GUが発売した「トリプルガードショーツ」は、1枚1490円というリーズナブルな価格がうれしい。
カラーバリエーションもあり、3層構造で15~20mlの吸水ができ、抗菌防水加工も施されています。

 

Nagi:吸水ショーツ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nagi(@nagi_official_jp)がシェアした投稿

Nagiの吸収ショーツはタイプは、完全国内生産
安心の5層構造で、さらに選べる3タイプで最大105mLまで吸水することができます。
カラーバリエーションも多く、価格は5550円(税別)~。

 

EVE:生理用ショーツ

 

この投稿をInstagramで見る

 

fermata(@hello_fermata)がシェアした投稿

韓国発のブランドEVE。
竹繊維やオーガニックコットンを使用し、肌にやさしい作り
4層構造で、価格は4073円(税別)。ブラック・ホワイト2色展開。ボクサータイプなどもあり。

 

ROSE CUP:月経カップ

 

この投稿をInstagramで見る

 

ROSE CUP(@rosecup.japan)がシェアした投稿

ROSE CUPは、膣内に直接いれるシリコンカップ。
安心の日本製で日本の女性に合わせたサイズになっています。
最大12時間の装着が可能。価格は6550円。
Amazonなどではよりお安く手に入ります。

↓タレントのSELLY(シェリー)さんのYouTubeでも商品と装着の仕方も紹介されています。

 

ソフィ:補助ナプキン シンクロフィット

ナプキンだけだとちょっと心配で、常に2枚着けているなんて方もいますよね。
そんな方に朗報の補助ナプキンです。使用後はそのままトイレに流せて便利。
使用方法などは上記の動画をご覧ください。
価格は12個入りで298円(税別)。
Amazonなどではよりお安く手に入ります。

 

 

不快な生理を少しでも快適に過ごせるように
いろいろ試してみるのもいいかも。
女性の生理が広く社会に理解される世の中になってほしいのものですね。
最後までお読みいただきありがとうございました。