その他

空に顔の雲の正体は?室屋義秀選手「Fly for ALL #大空を見上げよう」プロジェクト

2021年3月23日の日中、栃木県の各地で晴れ渡った青空の中に顔の雲が現れた
Twitterでも話題になりました。

今回は、この『顔の雲』の正体を調べました。

それでは「空に顔の雲の正体は?室屋義秀選手「Fly for ALL #大空を見上げよう」プロジェクト」についてお伝えしていきます。

空に顔の雲の正体は?室屋義秀選手「Fly for ALL #大空を見上げよう」プロジェクト

空に顔の雲の正体は?

空に浮かぶ「ニコちゃん」マークのような顔。にっこり笑っています。
▲3/22撮影:知人からいただいたものです)

Twitter上でも目撃情報が多発しています。

室屋義秀選手「Fly for ALL #大空を見上げよう」プロジェクト

この空に描かれたニコちゃんマークの正体は、アジア初のレッドブルエアレース・パイロット室屋義秀選手「Fly for ALL #大空を見上げよう」というプロジェクトによるもの。

「レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ」の千葉大会・室屋義秀選手優勝時)

室屋義秀選手は、2020年より空にニコちゃんマークを描く同プロジェクトを行っています。昨年の2020年6月には、福島県、8月には山形県、9月には静岡県、10月には宮城県で空にニコちゃんを描く「Fly for ALL #大空を見上げよう」のプロジェクトが行われています。

うつむきがちになる状況も多い中、ほんの数分でも空を見上げることで気分がリフレッシュできて、少しでも気持ちが明るくなってもらえたら、という想いを込めてフライトします。
引用:モーターマガジン

室屋義秀選手は、上記のような思いでこのプロジェクトをされているようです。
この写真が知人から送られてきたときは、自然と笑顔になりました^^

▲3/23のプロジェクトは生配信されていました)

次はどこで開催されるのでしょうか。とても楽しみですね。
事前に知りたい方は、室屋義秀選手のTwitterをチェック!