その他

洗濯マグちゃんは効果なし!?消費者庁「景品表示法に基づく措置命令」とは?詳しく解説

洗濯洗剤なしでも汚れやニオイが落ちるとインスタグラムなどでも話題の商品「洗たくマグちゃん」(株式会社宮本製作所)。
洗剤を使わないことから環境やエコの面から考えても画期的な商品だと主婦を中心に話題になりました。しかし、この商品が消費者庁より「景品表示法に基づく措置命令」が下されたとの報道が。
この「景品表示法に基づく措置命令」とはどんなものなのか詳しく解説していきます。

それでは「洗濯マグちゃんは効果なし!?消費者庁「景品表示法に基づく措置命令」とは?詳しく解説」についてお伝えしていきます。

洗濯マグちゃんは効果なし!?消費者庁「景品表示法に基づく措置命令」とは?詳しく解説

洗濯マグちゃんとは?

株式会社宮本製作所が販売する「洗濯マグちゃん」は、メッシュ袋にマグネシウム粒が入った商品。
マグネシウムが水に触れると、水素を発生させアルカリイオン水を発生させることで洗濯物の汚れを落とし、洗剤代わりになるとされていました。

 

「景品表示法に基づく措置命令」とは?

「景品表示法」とは、主に過大広告や、懸賞・景品の過大な提供を規制するものです。
消費者がそれらに惑わされて商品を購入し、不利益にならないよう規制し、私たち消費者を保護するのが目的です。

<「景品表示法」に違反する疑いがある場合>
消費者庁は、商品を扱う事業者に対して調査を行います。

<違反が合った場合または、違反の恐れがある場合>
消費者に対して誤った表示があった旨を公開し、再発防止策の設定、さらには違反行為を行わないようにするために「景品表示法に基づく措置命令」を行います。

このとき場合によっては、罰金の納付を命じられることもあります。

 

洗濯マグちゃんの何が「景品表示法に基づく措置命令」にひっかかたの?

消費者庁によると下記とされています。

容器包装において、「ご家庭の水道水がアルカリイオンの水素水に変身!洗剤を使わなくても大丈夫なお洗濯」、「部屋干しのイヤな臭いをスッキリ解消!」、「菌の抑制」及び「除菌試験により99%以上の抑制効果が確認されています。」等と表示するなど、別表「商品名」欄記載の商品について、同表「表示期間」欄記載の期間に、同表「表示媒体」欄記載の表示媒体において、同表「表示内容」欄記載のとおり表示することにより、あたかも、本件3商品を使用して洗濯すれば、本件3商品の効果により、洗濯用洗剤を使用して洗濯した場合と同程度に洗浄する効果、部屋干し臭の発生を防止する効果及び菌を99パーセント以上除菌する効果が得られるかのように示す表示をしていた。
参考資料:消費者庁

つまり、パッケージや各ショップでの記載が、あたかもあたかも洗剤を使った時と同じ効果があるような過大広告がされていたということです。

実際に消費者庁にてこの効果に関する資料を請求しましたが、その効果を裏付ける資料が上がってこなかったため、「景品表示法に基づく措置命令」に至ったようです。

 

結局は、洗濯マグちゃんは効果ないの?!

上記でもあるように過剰に表示していたという点なので、「洗濯マグちゃん」が全く効果がないというわけではないかと思います。
そこまでの記載はないので何とも言えませんが、今後企業から何らかの報告などがあるかと思います。

各ショップの口コミを見ると、とても高いのでそれはそれで気になります…

実際筆者自身も使用していましたが、疑いの余地もなかったのは、良くも悪くも特に効果は感じなかったからかもしれません。

何か進捗がありましたら、こちらでまた報告します。

 

【メイク落としは万能洗剤!?】靴・上履き・襟袖汚れまで効く?洗い方もありインスタ界隈でも子供の洗濯物(皮脂・泥)の汚れには「ウタマロ洗剤」が鉄板だと思われていましたが、なんとそれを上回る洗剤があるとしてTwi...

 


 

 

 

 

 

 

 

無料イラスト素材【イラストAC】