芸能人・著名人

【陸上障害】三浦龍司選手のプロフィール・経歴・成績まとめ!オリンピックメダルも期待大

東京オリンピックでは、陸上3,000m障害に出場する三浦龍司(みうら・りゅうじ)選手
同大会メダルも期待できる三浦選手のプロフィールやこれまでの成績をまとめました。

それでは「【陸上障害】三浦龍司選手のプロフィール経歴まとめ!オリンピックメダルも期待大」についてお伝えしていきます。

【陸上障害】三浦龍司選手のプロフィール・経歴・制k積まとめ!オリンピックメダルも期待大

三浦龍司選手のプロフィール・経歴

引用:日本陸上競技連盟公式サイト

三浦龍司(みうら・りゅうじ)選手は、2002年2月11日生まれの19歳。島根県浜田市出身。

小学校から陸上クラブに所属し、陸上をはじめる。浜田東中(島根)では中学では、1500mや3000m、駅伝選手。高校は、陸上の名門である京都の洛南高校へ入学し、3,000m障害をはじめる。

高校では出場する大会で多くの大会新記録などを出していた。
高校2年生の時の「近畿高校総体」では、櫛部静二さんのもつ記録を30年ぶりに更新
高校卒業後は、現在在籍している順天堂大学に入学。同大学で駅伝選手としても活躍している。大学へ進んでも数々の大会で日本新記録を出す。

READY STEADY TOKYOで東京オリンピックへの加標準記録を突破し、東京オリンピックへ出場を果たす。
2020年のアンダー20・3,000m障害で世界ランキング1位でもあり、メダル獲得の期待がかかる。

 

三浦龍司選手の成績

→表は横にスクロールできます。

大会に出場するたびに多くの新記録を達成しています。

時期 大会・種目 結果
2017(高1) 京都高校総体・3,000m障害 優勝・大会新
近畿高校総体・3,000m障害 12位
近畿高校ユース陸上競技対抗選手権・3,000m障害 優勝・大会新
2018(高2) 京都高校総体・3,000m障害 優勝・大会新
近畿高校総体・3,000m障害 優勝
全国高校総体・3,000m障害 失格
近畿高校ユース陸上競技対抗選手権・3,000m障害 優勝・U18日本新
第3回アジアユース陸上2019(香港)・3,000m障害 金メダル
2019(高3) 第53回織田幹雄記念国際陸上競技大会・2,000m障害 優勝・U20/U18日本新
近畿高校総体・3,000m障害 優勝・U18日本新、大会新
第103回日本陸上競技選手権大会・3,000m障害 5位
全国高校総体・3,000m障害 2位
2020(大1) ホクレン・ディスタンス2020千歳大会・3,000m障害 優勝・U20日本新
第89回日本インカレ・3,000m障害 優勝・大会新
箱根駅伝予選会 5位(日本人1位)・U20日本新
第52回全日本大学駅伝(1区) 区間新
2020(大1) 箱根駅伝1区 区間10位
第104回日本選手権クロスカントリー・シニア10km 優勝
2021(大2) READY STEADY TOKYO・3,000m障害 優勝・日本新
第105回日本陸上競技選手権大会・3,000m障害 優勝・日本新
2021(大2) 東京オリンピック陸上3,000m障害(予選) 日本新
2021(大2) 東京オリンピック陸上3,000m障害(決勝) 7位

<世界ランキング>
U20 3,000m障害1位(2020年)

<自己ベスト>
3,000m障害 8分15秒.99
(2021.6 日本選手権)

3,000m障害 8分9秒92(2021.7 東京オリンピック予選)

7月30日、東京オリンピック陸上3,000m障害の予選では日本新記録を出し、49年ぶりの見事決勝へ。

8月2日、東京オリンピック陸上3,000m障害決勝では7位入賞。

三浦龍司選手のSNS

ツイッター

アカウントは現在非公開になっています。

ツイッターはコチラ

インスタ

アカウントは現在非公開になっています。

インスタはコチラ

 

【東京オリンピック】日本のメダル獲得選手一覧まとめ!各選手のプロフィール・経歴も1年遅れでいよいよ始まった「東京オリンピック2020」。 このページでは、同大会でメダルを獲得した選手を獲得順にまとめていきます。 ...