グルメ(健康・裏ワザ)

【酢玉ねぎ】とは?効果や作り方アレンジ方法までダイエットにも!

みずみずしくて、やわらかい新玉ねぎがおいしい季節ですね。

ですが、新玉ねぎの日持ちがせず、買っても傷んでしまった経験はないでしょうか。
新玉ねぎが日持ちが悪いのは、水分が多いことが原因。

買ってきた日に、今回紹介する『酢玉ねぎ』に加工してしまえば、
日持ちもして、さらに健康効果アップ!
アレンジ満載の『酢玉ねぎ』で時短も叶います。

それでは「【酢玉ねぎ】とは?効果や作り方アレンジ方法までダイエットにも!」についてお伝えしていきます。

ガッテン流!新玉ねぎは水にさらさない!水にさらすと栄養が逃げる?サラダレシピも玉ねぎを水にさらすと栄養が逃げていた?!玉ねぎを水にさらさなくても「ガッテン流」辛みを抑える方法をご紹介します。...

【酢玉ねぎ】とは?効果や作り方アレンジ方法までダイエットにも!

『酢玉ねぎ』の効果とは?

血液サラサラ効果

良く言われる玉ねぎの効果として“血液サラサラ”効果があります。
これは硫化アリル(イソアリイン)という成分で、玉ねぎの辛味成分でもあります。

これが血液を固まりにくくし、血中脂肪を排出、血栓などをできにくくするため、血液サラサラ効果といわれているのです。
さらに酢にも血中の総コレステロールを下げる効果があります。

血糖値を下げる効果

玉ねぎの硫化アリル(イソアリイン)は、ビタミンB1と結合することで、インスリンの分泌を促します。
さらに酢も血糖値の急激な上昇を抑える効果があります。

このほかにも、高血圧の改善腸内環境の改善にも効果があるといわれています。

酢玉ねぎは、特に血液や血管にとっても良い食材!

『酢玉ねぎ』の作り方は?

材料

玉ねぎ中3個
調味酢:
・酢 100ml ・水 50ml ・砂糖 大さじ2 ・塩 小さじ1

保管は瓶詰でもいいですが、衛星面を考えると新品のジッパー袋が◎

①玉ねぎをスライス

スライサーなどで切ると便利です。ジッパー袋などに入れておくと便利です。

②調味酢を作る

調味酢の材料をまぜ合わせ、レンジで30秒ほど加熱します。
あまり加熱しすぎると酢の酸味が抜けますので、お好みで調整してください。

③玉ねぎと調味酢を合わせる

①に②を入れ、ジッパー袋の上にお皿などでおもしをして、漬け込みます(常温のままで)。30分程度したら完成です。

冷蔵庫で保管し、1カ月以内に食べきりましょう
酢の代わりに黒酢でもOK

『酢玉ねぎ』のアレンジ方法は?

いつものチャーハンやスープ、サラダにちょい足しするなど
何とでも相性抜群の『酢玉ねぎ』。

今回はカンタンでおすすめのアレンジレシピをご紹介します。

酢玉ねぎのナムル

<材料>2人前
酢玉ねぎ:100g
調味液
・ごま油:大さじ2 ・おろしにんにく:チューブで2cmほど
・塩:小さじ1 ・白ごま:お好みで

<作り方>
酢玉ねぎは、軽く水気をきり、調味液を加え混ぜれば完成。

お好みで冷蔵庫にある残り物など(ハムやカニカマ、トマト、スプラウト)などを加えても彩りが良くなります。
酢玉ねぎは1日50gを目安に食べましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ガッテン流!新玉ねぎは水にさらさない!水にさらすと栄養が逃げる?サラダレシピも玉ねぎを水にさらすと栄養が逃げていた?!玉ねぎを水にさらさなくても「ガッテン流」辛みを抑える方法をご紹介します。...