その他

アクスタの作り方は難しい?業者へ入稿データ代行ができるサービスはある?

好きなアーティストやキャラクターのイラストや写真などを、アクリルスタンドに転写したグッズ=アクスタ(アクリルスタンド)がいま人気です。

今回は、アクスタを業者に印刷してもらうことを前提で、さらに業者への入稿代行ができるサービスをご紹介します。

それでは「アクスタの作り方は難しい?業者へ入稿データ代行ができるサービスはある?」についてお伝えしていきます。

※業者によっては、著作物が製作できない場合もありますのでご注意ください。

アクスタの作り方は難しい?業者へ入稿データ代行ができるサービスはある?

アクスタの作り方は難しい?

アクスタの業者への入稿データを制作するのは、専用のデザインソフト(illustrator、Photoshop)などが必要です。
またソフトに慣れていないと、難しく感じるかもしれません。

アクスタの作り方

アクスタの入稿データの作り方を簡単に紹介します。
流れのみで、細かい技術はいれていません。ご了承ください。

※入稿データの制作方法、制作ソフトなどは業者によって異なる場合があります。
入稿前に必ず、HPなどで確認しましょう。

 

<1>まずは、アクスタにしたい写真やイラストを用意します。
※今回は、下記の写真のネコを例にあげてご説明します。

 

<2>Photoshopなど画像ソフトで猫だけを残し、背景を切り取ります。この時解像度は300~350dpiにするのが一般的です。
この時、できるだけ毛などの表現は最小現に切り取ることがポイントです。

 

<3>次に、illustratorなどで、入稿用のテーンプレート(たいてい業者のHPにありますので、ダウンロードして使いましょう)をひらき、入稿データを制作していきます。

①アクリルの大きさを指定する、カットパスを描きます。(猫のまわりの黒い線)

 

②次に、切り抜いた写真に合わせて「白抜き」というシルエットを描きます
これは、出来上がったときに写真が透けないようにするためです。
入稿時は見えるように黒など色付きの場合が多いですが、印刷されると白いので「白抜き」と言われます。

 

③最後に台座に差し込む「ツメ」をパスファインダーで付ければ完成です。

 

業者へ入稿データ代行ができるサービスはある?

印刷業者にお願いする

業者によっては、印刷代のほかに追加料金を支払えば、画像を送るだけで入稿データを制作してくれる業者もあります。

業者の一覧はこちらの記事をご覧ください↓
>>ジャニーズ・アニメファン必見!アクスタが1個からつくれる業者まとめ

ココナラでお願いする

ココナラとは、個人間でサービスを売り買いできる日本最大級のスキルマーケットサイトです。こちらの中のサービスでアクスタの入稿データを制作するサービスがあります。

ココナラに会員登録したら、
サービス検索で「アクスタ入稿データ制作」を入れれば、サービスが出てきます。
ちなみに筆者は、Tlbeeというネームでサービスを出品しています(えんぴつと消しゴムマーク)。現在だと最安値なので、もしよろしかったら、ご依頼ください。

>>ココナラに無料登録はコチラ