グルメ

ひっそりと住宅街にたたずむカフェ「器カフェ アンモナイト」のご紹介と荒めの玉ねぎが決め手!「万能なタルタルソース」のレシピ

こんにちは、ハナです! 今日は、宇都宮市宮の内にある「器カフェ アンモナイト」のご紹介をします。

 

「器カフェ アンモナイト」

ゆったりと過ごせる穴場カフェ

宇都宮宮環と東京街道(旧4号線)の交差点近くの住宅街の中に「器カフェ アンモナイト」はあります。少々場所がわかりずらいのでナビでの来店をおすすめします。

アンモナイトマップへ(グーグルマップ)

お店の隣にはアパレルやアジアン雑貨のお店もあり、ちょっとした異空間と穴場感にわくわくしてしてしまいます♪

駐車場は店の前と隣の共同駐車場があり(14台程度、内小型車専用8台)。

外観は白壁に木のあたたかみがあります。店内は暖炉があり、レトロで暗めの照明、壁には洋画(この日はクイーンをモデルに描いた「ボヘミアン・ラプソディ」)が流れ、いい雰囲気。大きい相席のテーブル席(10席ほど)のほか2人掛けが3席、座敷のような靴を脱いで食事できる席が1席(4名ほど・クッションなどもあり小さなお子さんとの食事、ママ会にも良さそう!)あります。

このほか、店内には「器カフェ アンモナイト」というだけあり、アンモナイトのモチーフの装飾や照明などがあり、一角には「益子焼」やアジアン雑貨の販売もありました。

野菜たっぷりのお手頃料理

メニューは幅広く、おつまみから食事プレート、デザート、お酒まで充実しています。

お通しは、キュウリと玉ねぎのピリ辛のキムチのような漬物、赤キャベツのピクルス。どちらもさっぱりしていてお通しのクオリティとしては高めです!

注文したのは、「大きなエビフライプレート(1200円)」、「アンモサラダ(700円)」、「もつ煮(480円)」、「ポテトサラダ(380円)」、「タコス風サルサピザ(980円)」

「大きなエビフライプレート(1200円)」のエビは大き目のエビが2本も。ぷりぷりの食感で、衣は細かめ、どこか懐かしい定食屋のエビフライのようです。なんといっても手作りのタルタルソースが美味しい♡荒めの玉ねぎが効いています。サラダ付きなのもうれしいです。

「アンモサラダ(700円)」は、具沢山の野菜の上にタコのフリッター(タコをアンモナイトに見立てている?!)がのったサラダです。こちらもタルタルソースが添えられていて、とってもおいしくいただきました。

居酒屋と比べればお酒の種類は少ないですが、一通りあります(ビール、サワー、ワイン等)。お酒に合うメニューもカフェとしては充実しているので、カフェ+ちょい居酒屋メニューが味わえます。

料理の食器やカップなどはすべて益子焼が使用されており、こちらにもお店のこだわりが光ります。

ランチはお得なブッフェ前菜付き

ハナ
ハナ
1300円のランチプレートは、ブッフェ前菜・ホットドリンクバー・デザート付きでおトク!

ランチはディナーでも食べられるプレートがお得に食べられます(1300円、ブッフェ前菜・ホットドリンクバー・デザート付き)

「大きなエビフライプレート」、「ミックスフライプレート(エビフライ・コロッケ・からあげ)」、「ウニクリームパスタ」、「タイ風まぜごはん」、「本日のおまかせランチ」の5種というバラエティー豊かなラインアップ。ランチプレートに追加で、ビフライやコロッケなどのトッピングが選べるのもうれしいポイントです。ごはんの大盛りなどもあるので、男性でも大満足のボリュームではないでしょうか。

このほかお子様プレート(680円)」もあり。子ども用イスもあるので、ママには安心ですね。

ランチは混みあいますので、オープン間際か予約してからの来店をおすすめします。ランチ時間帯は全席禁煙のようです。ランチは中庭のテラス席も利用できるようです。

まとめ

●住宅街の中の知る人ぞ知る穴場カフェ「器カフェ アンモナイト」。

●温かみのあるレトロな店内には「益子焼」の販売も。

●チェーン店にはないオリジナルなメニューが魅力。

ランチは前菜ブッフェがついて1300円のランチプレートがオトク。

●お子様プレート、お子様用のイスもあり、座敷風の座席もあるのでママ会も安心。

店舗情報

●器カフェ アンモナイト ●住所:栃木県宇都宮市宮の内1-28-1 ●TEL.028-653-4200 ●営業時間:11:30~15:30 (LO 14:30)/18:00~21:30 (LO 20:45) 祝日11:30~14:00 (LO 13:30)   祝前日 17:00~21:30 (LO 21:00)※ディナー金曜日・土曜日のみ ※平日ディナーは要予約 ●駐車場:店前あり 定休日:月・日曜日(不定休あり)※営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください

荒めの玉ねぎが決め手!「万能なタルタルソース」のレシピ

粗みじん切りにした玉ねぎのシャキシャキ感が決め手のタルタルソース。エビフライや白身魚などのフライやサラダやカルパッチョなどにもピッタリの主役ソースです。(※「アンモナイト」のメニューを忠実に再現したものではありません)。

 ●材料(4人分):

具材:卵(1コ)、玉ねぎ(1/4コ)、パセリ(5g)、塩(少々)

ソース:マヨネーズ(大4)、レモン汁(大1/2)、砂糖(小1)、塩(少々)、こしょう(少々)

 ●作り方:

①卵はゆで卵にして、ボウルに入れフォークなどで荒くつぶす。

玉ねぎを粗みじん切りにし、ボウルに入れて塩をかけて揉み込む。水分が出たらキッチンペーパーで包んで水気を絞る。

パセリをみじん切りにする。

④上記①②③をひとつに混ぜ合わせ、塩、黒こしょうで味を整えて完成。

※ゆで卵は固ゆでにするのがポイントです。

※レモン汁は酢に変えてもOK!お好みで作ってみてくださいね!

※キュウリやピクルスなどをお好みで加えてもGOOD!ピクルスの場合は、レモン汁または酢の量を調整すると良いです。