その他

コロナウイルスによる【緊急事態宣言発令】とは?飲食店や各お店の対応は?

コロナウイルスによる都市部での感染拡大の事態を受け、
4/7に、東京をはじめ、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県を対象に「緊急事態宣言」が行われました。
この「緊急事態宣言」とは、どんな意味を持つのでしょうか。
今回は最新の情報を踏まえつつ、休業施設、各お店の対応などもご紹介していきます。

コロナウイルスによる【緊急事態宣言発令】とは?飲食店、各施設の対応は?

コロナウイルスによる【緊急事態宣言発令】とは?

7都府県を対象に、4/7~5/6までの1カ月間に発令された「緊急事態宣言」。
生活と経済に寛大な影響を鑑み、人と人の接触を7~8割削減し、コロナウイルスの感染拡大を防止することを目的に、感染者の多い7都府県に発令されました。

これまでとの大きな違いは、この宣言により、各都府県の知事による法的根拠による「指示」が可能になります。

一番気になる<現金給付>については下記です。
条件については、発表され次第解説します。

●税・社会保険料の免税や支払い猶予
●中小企業200万円・個人事業主100万円※条件あり
●子ども手当1万円
●世帯に30万円給付※世帯主の給与が減額された場合

飲食店や各施設の対応まとめ

食品、通信、物流、交通機関等、生活必需店は原則営業されます。
不安ではありますが、極端な買占めなどは混乱を招きますので、くれぐれもしないように注意したいものです。
下記は一例、7都府県の対応です(4/7現在)。変更があり次第、更新していきます。

<生活全般>

●日本郵便:通常通り・窓口一部時短
●ヤマト運輸:通常通り
●佐川急便:通常通り
●東京電力:通常営業
●東京ガス:通常営業
●NTT東日本:保守・運用は通常営業
●NTTドコモ:保守・運用は通常営業
●楽天モバイル:全店休業
●各銀行:通常通り営業

<コンビニ>

●ファミリーマート:原則通常営業※各店判断あり
●ローソン:原則通常営業※各店判断あり
●セブンイレブン:原則通常営業※各店判断あり
●ミニストップ:原則通常営業※各店判断あり

<スーパー>

●イオン:原則通常営業
●ライフ:原則通常営業
●いなげや:原則通常営業(イートイン閉鎖)
●サミット:原則通常営業※入場制限対応の可能性
●イトーヨーカドー:食品フロアを除き休業
●西友:原則通常営業
●ライフ:原則通常営業
●オオゼキ:原則通常営業
●京王ストア:原則通常営業

<ドラッグストア>

●マツモトキヨシ:原則通常営業
●サンドラック:原則通常営業
●スギ薬局:原則通常営業
●ウエルシア:原則通常営業
●ココカラファイン:原則通常営業
●ツルハドラッグ:東京・千葉・神奈川・埼玉で時短営業を検討

<デパート>

●三越伊勢丹首都圏店舗:4/8から休業
●松屋銀座・浅草:4/8から休業
●小田急百貨店新宿・町田:食品フロア以外4/8から休業(土日は全休)
●東武百貨店池袋本店・船橋店:食品フロア以外4/8から休業
●大丸松坂屋:一部を除き4/8から休業
●東京ソラマチ:一部を除き4/8から休業
●SHIBUYA109:4/8から休業
●ミッドタウン日比谷:4/8から休業
●ルミネ:食品フロアを除き、4/8から休業
●高島屋:食品フロアを除き、4/8から休業

<チェーン飲食店>

●すかいらーくHD:時短営業※深夜営業自粛
●すき家:原則通常営業※各店判断あり
●吉野家:時短営業検討中※各店判断あり
●松家:時短営業検討中※各店判断あり
●サイゼリヤ:時短営業
●焼肉キング:全店休業
●ケンタッキー:一部店舗休業、または午後8時までに短縮
●出前館:原則通常営業
●ウーバーイーツ:原則通常営業
●ワタミ:4/8から休業を検討

<娯楽>

●ラウンドワン:全店103店を休業
●マルハン:4/8から休業
●ダイナム:4/8から休業

<その他>

●五輪聖火の展示:4/8から中止
●ビックカメラ:4/8から休業
●ティップネス:4/8から休業

※4/7現在随時更新します。