芸能

「カネ恋」聖徳まりあ役の女優は?宝塚所属【星蘭(せいら)ひとみ】さんのプロフィール、経歴まとめ

こんにちは、ハナです。
今日は、TBS系9月15日スタートの『おカネの切れ目が恋のはじまり』に出演する聖徳まりあ役の女優さんについてまとめてみました。

それでは、「「カネ恋」聖徳まりあ役の女優は?宝塚所属【星蘭(せいら)ひとみ】さんのプロフィール、経歴まとめ」についてお伝えしていきましょう。

「カネ恋」聖徳まりあ役の女優は?宝塚所属【星蘭(せいら)ひとみ】さんのプロフィール、経歴まとめ

ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』のあらすじ

脚本は昨年大ヒットしたドラマ『凪のお暇』大島里美さん。
W主演を務めるのは、松岡茉優さんと三浦春馬さん。
このほか脇を固めるのが三浦翔平さんや北村匠海さん、大友花恋さん、稲田直樹(アインシュタイン)さん、ファーストサマーウイカさん、南 果歩さん、草刈正雄さんなど豪華な俳優陣が並びます。

あらすじ

おもちゃメーカーの経理部で働く主人公:九鬼玲子(松岡茉優)は、金銭感覚が独特で、さらにモノにも恋にも一途な“清貧女子”。
対して、玲子が勤めるおもちゃメーカーの御曹司:猿渡慶太(三浦春馬)は、お金に無頓着で浪費家。
慶太は、同メーカーの営業部に在籍していたものの浪費グセのせいで玲子のいる経理部に異動に。
あることから鎌倉にある玲子の実家に慶太が住みはじめることに…。金銭感覚が両極端な「清貧女子」と「浪費男子」の2人のお金の修行を通した恋が動き出す…ラブコメディ。

 

聖徳まりあ役の女優は?
宝塚所属【星蘭(せいら)ひとみ】さんとは?

役どころ

猿渡慶太(三浦春馬)の元カノの聖徳まりあ(せいとく・まりあ)役を務めるのが、現役ので宝塚歌劇団娘役に所属し、今回連続ドラマ初出演となる 星蘭ひとみ さん。
慶太の浪費グセに愛想をつかして振ったが、元カレからの連絡に心が揺れる。
まりあのお金の使い方は、自己投資に糸目をつけない「投資女子」。
周りからの目を気にして強い女性像を演じて生きるが
、そのことにも疲れてしまう現代の女性の共感を呼ぶ役どころにも注目です。

引用:https://kageki.hankyu.co.jp/star/seira_hitomi.html

 

星蘭ひとみさんの経歴

東京都出身。現役宝塚所属の娘役。
芸名の由来は、星のようにキラキラとしていたいという思いと、同期にいる双子の姉妹の助言から「ひとみ」と即決したそうです。
年齢は公表されていませんが、学習院女子高等科出身で2013年に宝塚音楽学校入学しているので(入学資格は14歳~18歳)、高校卒業ののち入学したとすると25歳となります。

入団のきっかけは、月組の「ロミオとジュリエット」を見てからだそう。
2015年には、宝塚歌劇団に101期生として入団、2015年4月月組公演「1789」で初舞台を飾ります。その後、2017年「ベルリン、わが愛」・2018年「ANOTHER WORLD」でヒロイン役などを務めました。

美しい美貌から「タカラヅカのオードリー・ヘップバーン」とファンからは呼ばれているんだとか。

現役の宝ジェンヌが連続ドラマにレギュラー出演するのは1994年以来の26年ぶりのことであり、星蘭ひとみさんの実力の高さがうかがえます。

 

今回のドラマを機に、地上派での活躍も楽しみですね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

↓宝塚出身:七海ひろきさんの記事はコチラ↓