都市伝説

【たつき 諒】漫画『私が見た未来・完全版』のネタバレ・2025年の予言も

2021年に富士山噴火を予言したとして、注目された『私が見た未来』という漫画。都市伝説が好きな人には知っている人も多いのではないでしょうか。

昨年、Twitter上で筆者のなりすましが発覚し、混乱を招きました。その後、当時の漫画と新たな予言をまとめた完全版が発売され、その予言内容について再度注目されています。

「たつき諒」のなりすましが発覚?【私が見た未来】販売延期になった理由7月21日に復刻完全版の発売が決定していたたつき諒さん原作の漫画「私が見た未来」。 急遽10月1日に販売が延期されることが出版社の...

今回はそんな完全版の内容についてまとめてみました。
※ネタバレを含みます。

それでは「【たつき 諒】漫画『私が見た未来・完全版』のネタバレ・2025年の予言も」についてお伝えしていきます。

たつき 諒著 漫画『私が見た未来』とは?

たつき 諒著 漫画『私が見た未来』概要

漫画『私が見た未来』は、1999年7月に出版された1冊完結の短編漫画です。
筆者は漫画家のたつき諒さんです。
たつき諒さんは漫画家を引退されていますが、2021年10月に完全版を再販。

出版社は「朝日ソノラマコミックス」。この「朝日ソノラマコミックス」は、朝日新聞社の関連会社として設立され、あの手塚治虫さんの『火の鳥』の出版社でもあります。
2007年に廃業、後継は朝日新聞社出版へ。

漫画のタイトル通り、筆者が夢で見たことが現実に起きる『予知夢』の体験を記したものです。

2021年に予言を広めようとTwitter上に現れたたつき諒さん、漫画の完全版の販売も告知されていました。が、これがのちになりすましであったことが発覚。
その後、ご本人の監修を受けて、無事に完全版が発売されることになったのです。


【たつき 諒】漫画『私が見た未来・完全版』2025年の予言(ネタバレ)

たつき 諒さんは、前世はサイババの娘?!

1998年にインド旅行に行った際、当時超能力者としても有名だったサイババに会ったそう。テレビなどでサイババを見た時から「この人に会ったことがある」と直感でわかったそうです。
実際に、サイババに会った時に直接「I khow(知ってるよ)」と声をかけられたというたつきさん。
その時に記憶喪失から記憶を取り戻したように思い出したのが下記だといいます。

1800年代。もともとイギリスに住んでいたたつきさんの前世は、親の都合でクウェート移住。その際にマラリアにかかって亡くなってしまったそうです。12歳でした。その父親だったのが、サイババだったそう。

なんとサイババとたつきさんは手相の運命線が全く同じそうです。

たつき 諒著 漫画『私が見た未来』の予言一覧

予知夢には、①そのままの未来を見るパターンと②象徴的予知夢といわれる予知を別のイメージを通してみるパターンがあるそうです。
たつき諒さんは主に②のパターンで予知夢を見ていたそう。
例えば、「白い服を着ている=死を表している」「どなる、怒られる=警告」「びわ=良くないことが起きる」などです。

さらに、予知夢を見てから、実現するには1年後だったり5年後だったり、法則性があるそうです。

予知夢の内容は、自身に関係する事件や事故が主だったそうです。

下記は、たつき諒さんの予言の一部をまとめたものです。

夢を見た日 予知夢の内容 現実になった日 内容
1976.11
1986.11.28
QUEENのボーカル・フレディ・マーキュリーが亡くなる夢 1991.11.24 フレディ・マーキュリーが亡くなる
1981.6~9 夏、巨大な津波が来る夢(神奈川県?)
1989.08.27 大きな洞窟と海の傍らに女の子が座っている 1990.08 夢と同じ場所(戦時中に使用されていた海沿いの防空壕)で●人事件が発生。夢でみた同じ特徴の女性の遺体が発見された
1991.8.20
2002.5.27
2005.6.11
富士山が噴火
富士山と梅畑
富士山の噴火口を上から見る
(たつきさんの予想)
噴火=世界恐慌やパンデミック
富士山噴火はしない?
1992.8.31 お城の中で赤子を抱いた女性と「DIANNA」という文字 1997.8.31 ダイアナ妃が事故で亡くなる
1993.9.14 びわ畑のY字路で白い服を着たおばさんにどなられる 1994.9 伯父のお葬式に向かう途中に夢でみた同じびわ畑にでくわす
1999.3 大災害は2011.3というビジョン 2011.3.11 東日本大震災
1995.1.2 「5年たったら迎えに来る」という言葉 (たつきさんの予想)
「自身の役目が終わる日」
2025年の大災害?
1995.11.26 自身の棺桶をそれを囲む人々
2001.1.1 大災難後の明るい未来
2021.7.5 海底火山の噴火により津波がくる

 

2025年7月に大災害が起きる?!

1981年6月~9月に見た大津波の夢や1995年の「自身の役目が終わる日」、2001年の大災難後の明るい未来などは、すべて2025年7月に起こる大災害に関連しているものではないかとたつきさんは言っています。

2025年7月海底火山が噴火し大津波が押し寄せる

海底火山が噴火する夢はこれまでに2回見ています。アリババに会ったインド旅行の時と2021年7月5日。

起こる時期は、はっきりと2025年7月というのも見えたそう。
日本とフィリピンの間の海底火山が噴火し、日本や周辺の国に大きな津波が押し寄せるという内容です。日本列島の太平洋側1/4~1/3くらいが津波にのまれ、2匹の竜も出てきたそう。

たつき諒さんは、この本を通して災害に向けて準備することを警告しています。
災害が起きた後は辛い日々がありますが、その後は世界全体で見ても明るい未来が待っているとたつきさんは予言しています。

YouTuberのナオキマンさんのチャンネルでも、分かりやすくたつき諒さんの予言を解説されています。ナオキマンさんは、作者のたつき諒さんに直接インタビューされています。興味のある方はぜひご覧ください。

▼ナオキマンさんについては、こちら記事をご覧ください。

ナオキマンの正体は?肌(首)のアザの真相・YouTube年収はいくら?wikiプロフィールまとめ都市伝説系YouTuberの「ナオキマン」のプロフィール・出身大学のほか、首のアザの真相・収入も。ユーチューブ開設の秘話もまとめました。...

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

「たつき諒」のなりすましが発覚?【私が見た未来】販売延期になった理由7月21日に復刻完全版の発売が決定していたたつき諒さん原作の漫画「私が見た未来」。 急遽10月1日に販売が延期されることが出版社の...

 

⋆⸜ 都市伝説に関する記事は下記より ⸝⋆

都市伝説の記事はコチラ