その他

【超便利!】ワード・パワポのデータをイラストレーターの印刷データに変換する方法

こんにちは、ハナです!
普段は広告関係の仕事をしている私です。
たまに、これ「そのまま印刷して!」とオフィス系のデータ(ワードやパワーポイント)を
お客さんからぽーんと渡されることがあります。

最近は、オフィス系のデータ印刷もOK!な印刷所も増えてきました。
ですが、以前、ネット印刷で【パワーポイント→PDF】印刷をしたら、文字自体がジリジリっと震えているようにブレて印刷されてしまい(8万部・冊子 泣)、その時からオフィス系のデータを印刷するのが怖くなってしまった私です。

今日は、そんな悩みを解決できた
「【超便利!】ワード・パワポのデータをイラストレーターの印刷データにする方法」についてお伝えしていこうと思います。

【超便利!】ワード・パワポのデータをイラストレーターの印刷データにする方法

①ワードまたはパワポのデータをPDF化

・オフィスデータをPDFデータに変換します(ここではパワポ)。
<ファイル>→<AdobePDFとして保存>(名前をつけて保存からPDF保存してもOK)

ちなみにここでできたPDFをイラレで開くと↓フォントがないのでこのような状態になります(文字化けしなければこのまま印刷データとして使えます)。
※ただし、文字のズレ、画像の抜けなどが起こる場合があるので要注意!

②PDF上でアウトライン化

①でPDFにしたファイルを開きます。

<ツール>→保護と標準化の中の<印刷工程>をひらく↓

<プリフライト>をクリック↓

<フォントをアウトラインに変換>を選択して、
<解析してフィックスアップ>をクリック↓
保存画面が出てくるので保存して完了。

 

③イラレでPDFをひらく

アウトライン化されたデータが開けました!
これでイラストレーターで入稿データが制作できます!

なれれば、簡単の手順です。
これを知ってからは、とっても作業が楽になりました!
他にも方法がありますが、一番簡単だと思います!

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。