その他

【2020年最新!】歯磨き粉のラウリル硫酸ナトリウムの危険性は?配合なしの歯磨き粉3選!!

こんにちは、ハナです。
今日は、私たちが使う歯磨き粉に入っている「ラウリル硫酸ナトリウム」に着目し、無配合の歯磨き粉を紹介していきます。

それでは「【2020年最新!】歯磨き粉のラウリル硫酸ナトリウムの危険性は?配合なしの歯磨き粉3選!!」についてお伝えしていきます。

【2020年最新!】歯磨き粉のラウリル硫酸ナトリウムの危険性は?配合なしの歯磨き粉3選!!

ラウリル硫酸ナトリウムとは?危険性は?

「ラウリル硫酸ナトリウム」とは、界面活性剤のひとつ。界面活性剤とは、汚れを落とすための主な成分で、歯磨き粉のほかにも食器用洗剤、シャンプー、洗濯用洗剤などにも多く使われている成分です。

もともとは、機械などの金属の洗浄や脱脂(油分を取り除く)として開発されたもので、強い洗浄能力があります。

「ラウリル硫酸ナトリウム」の危険性は、皮膚障害やアレルギー、発がん性の可能性がある成分ともいわれていますが、現状では、危険性が証明がされていません。

しかし、特に 歯磨き粉は口の中に入り、身体の中に入るもの です。

毎日のことなので日々摂取していくことで、結果的に身体に悪影響を及ぼす可能性もないとは言い切れません。

また、界面活性剤特有の強い洗浄成分により、すっきり感がより感じられるせいで、歯磨きをした気になり、ブラッシングが怠りがちになります。
弱い洗浄成分であってもブラッシングで歯垢を落とすことにより、口内の健康は十分に保つことは可能です。むしろ、虫歯や歯周病を防ぐには後者が重要になります。

「ラウリル硫酸ナトリウム」を使用している洗剤などは多くありますが、身体の中に入る歯磨き粉だけは「ラウリル硫酸ナトリウム」不使用なものを選ぶことをおすすめします。

「ラウリル硫酸ナトリウム」なしの歯磨き粉00選!!

スーパーやドラックストアで販売されているものの多くには「ラウリル硫酸ナトリウム」が配合されています。

「ラウリル硫酸ナトリウム」不使用の歯磨き粉は、爽快感が控えめなので、最初は物足りなさを感じるかもしれませんが、使っていくうちに慣れていきます。

「ラウリル硫酸ナトリウム」不使用の歯磨き粉は、オーガニック専門店やネット通販で購入することができます。

 

オーラルピース

オーラルピースは、九州大学大学、鹿児島大学、国立長寿医療研究センターの共同研究により、生まれました。安全性を追求し開発された、飲み込んでも安全、オーガニック成分100%の歯磨き粉です。
歯磨きのあとうがいや口をゆすがなくてもOKなので、小さい子や高齢者にも安心です。

ハナ
ハナ
ジェル状の液で泡立ちはありません。個人的には良くも悪くもすぐに唾液に溶けてまう印象なので、多めに使いたくなってしまいますが、慣れれば使い心地は抜群です。味のバリエーションが多いので、好みに合わせて使えます。

価格:¥1,320
公式ホームページ:https://oralpeace.com/

シャボン玉石鹸 

あの無添加せっけんで有名なシャボン玉石鹸の歯磨き粉。界面活性剤、着色料、防腐剤、フッ素、マイクロプラスチックビーズ不使用。 天然由来のペパーミント香味料使用で、一般的な歯磨き粉の味に近い印象です。※前にも述べましたが爽快感は少な目です

ハナ
ハナ
クリーム状で、泡立ち少なめ。個人的には若干石鹸のような味を感じましたが、特に気になりませんでした。安価なので、使い続けやすいのも◎。ドラックストアなどでも売られているので、買いやすいです。

価格:¥418
公式ホームページ:https://www.shabon.com/

diemo 

無添加で原料は植物・天然由来のものを使用しています。歯や骨の主成分で人に優しい成分ヒドロキシアパタイト(吸着剤)が配合され、着色汚れを防ぎ、美白効果もある歯磨き粉です。

ハナ
ハナ
クリーム状で泡立ちは少なめ。ナチュラルでやさしいミントの味です。無添加歯磨きにはあまりない美白効果があるのが嬉しいポイントです。

価格:¥1,296
公式ホームページ:https://diemofficial.com/lp/pc/diem002/